くみやすのブログ

くみやすの日常や考え事を書くブログ

残暑なんざんしょ

夏終盤 燃える昼間と 秋の夜

さあ、8月も残りわずか。今週のお題は「残暑を乗り切る」ということで、頑張って乗り切ろう!

今年の夏は何が暑かったかというと、もちろん職場への行き帰りが暑かった。なんたって自転車通勤なんで。日焼け対策として、帽子をかぶったり、アームカバーをしたり、スカーフを巻いたりしたけども、焼けたよね。もうこんがりと。しかも、アームカバーが中途半端な長さなものだから、指先から肘までは白くて、肘から20㎝は焼けてて、そこから肩までは白いっていう、面白い焼けかたをしたよね。

そして、職場の席はクーラーの風が直撃するから、寒い。羽織りもの必須。ついでに膝掛けも常備してる。8月だというのに。外は30度越え、クーラーは24度設定(たまに23度)この差よ。

 

暑いのは嫌だけど、夏と冬、どちらがいいか聞かれたら夏のほうがいい。夏は水分と塩分とっときゃなんとかなるけど、冬は寒くて動けない。活動休止。ついでに思考も休止。なにもできない。本当かどうかわからないけど、暖かい時期に生まれた人は夏が得意で、寒い時期に生まれた人は冬が得意って聞いた。私は初夏に生まれたので、暑いのは割と大丈夫、なのかな? どうなんだろう。

 

さて、残暑をどう乗り切るか。きっと、「残暑」と思うから余計に暑く感じるんじゃないかなと思う。最初から9月だろうが10月だろうが、ある程度「夏」って思っていたら、いいんじゃないかな。(最近は秋を感じないよね)9月なのにまだ暑い、ではなく、最初から9月は暑いもの、と考えておく。そうしたら、今日みたいに割と涼しい日に、「なんてラッキーな日なんだ!」と思える気がする。まだ8月だけど。

あと、ネバネバの野菜と水分たっぷりの野菜を食べること。オクラとモロヘイヤを食べて胃を守り、キュウリとトマトで自然と体を冷やし、スイカで水分を循環させる(たしか利尿作用があったような)。それと、お酢を飲んで疲労回復! はい!

 

ともかく、それぞれに合った方法で夏を乗り切りましょう。